ポリアンナ症候群

人として軸がブレまくり人間がそこから抜け出そうと色々やります

去年作った卒塔婆が邪魔

卒塔婆、邪魔

去年の今時期くらいに作った卒塔婆がクソほど邪魔で、処分に困っている。

これだ。

f:id:lee_fetia:20170913140837j:plain

どうしよ。

どこに、捨てる

こーゆーのってどこに捨てるんだろ。

とりあえずお墓に不法投棄してはいけないことくらいしかわからない。

その辺においいても怪しまれそうだし、持って歩いてたら宗教のおばちゃんに絡まれたことあるし。

旧暦好き

もう九月の中頃になるというのに、今年は何もしていない。そんな気持ちになりかけて、ふと疑問に思った。

この「時間に追い立てられている感覚」というのは、何が原因なんだろうか?

もしそんなものがあるのなら、というか、たくさんあるのだろうけれど、どれか一つだけでもその効果を軽減できないだろうか?

そんなことをごちゃごちゃ考えながら本を読んでいると、ある一つの可能性に思い至った。

「暦に数字がついてるからじゃね?」

暦の数え方

 日本を含む多くの国々ではグレゴリオ暦、いわゆる西暦が採用されており、平年で一年を365日と規定している。

 1月から始まり12月で終わる。400年に97回閏年がある。日本では明治5年に採用された。云々。

 細かいことをよく知らなくても、生まれてこのかた特に意識したこともないくらい当たり前のことだ。

 なんてことのない、取るに足らない、1秒ごとに時を刻んで進行する、2017年前の発明品だ。

 何を今更、という感じだけれど、この前英語で書かれた小説を読んでいて、ふと思った。

 英語って、暦の名前に数字が入ってないんだよなあ、と。

   中学校で習う通り、英語では暦をJanuary,February…と数える。

 あえて想像なんてしたことがなかったけど、考えてみればこの数え方を使うことによる時間認識は日本人のそれとは大きくことなるんじゃないかとおもう。

 数字ってなんか、追い立てられてるような、急かされてるような感じしません?

 それが、無いんだぜ?

   いやまあ、さすがに暦の呼び方を変えただけで精神的にゆとりが持てるようになるとか、そんな単純な話はないと思うけれど、それでも、1月2月…よりかはJanuary,February…の方が趣がある気がします。

 で、ここまで考えてふと思い出したんです。日本にもそれ、あるじゃん。って。

旧暦のかっこよさと美しさ

 そう、旧暦である。

 生きてきて今の今まで意識したことなんか無かったし、日常生活で使うことも話に出すこともまあないんだけれど、改めて見てみるとなんか、すげー美しい。

 これがあれか、雅って奴か。

 各月の旧暦をおさらいするとこんな感じ。

  • 1月 睦月(むつき)
  • 2月 如月(きさらぎ)
  • 3月 弥生(やよい)
  • 4月 卯月(うづき)
  • 5月 皐月(さつき)
  • 6月 水無月(みなづき)
  • 7月 文月 (ふみづき・ふづき)
  • 8月 葉月(はづき)
  • 9月 長月(ながつき)
  • 10月 神無月(かんなづき)
  • 11月 霜月(しもつき)
  • 12月 師走(しわす)

 こっちのがいいもともとこっちだったんだし、こっちのがいいんじゃねーのとか思ってたんですが、さらに調べるとそもそも日本書紀の段階で一月、二月の呼び方だったんですね。

   「生まれはいつですか?」

 「如月の17日です。」みたいな会話したいな

 飽きそうだけど。

原文でアメリカ小説読むのしんどすぎワロタwwwwてことで僕がやってる対策を紹介します

うわもうこれめっちゃしんどいやんそらみんな諦めるわ。コスパ至上主義の現代人は避けますわそら。

何がってあんさん、英語の小説読むのがですよ。思ったよりしんどい。スラングくらいならなんとかなるけどあれやん、やっぱ文学やから文学的表現が使われますやん。作者独自の感性に基づいた表現やん。そらしんどいわ。

まあそれでもなんとか20ページくらい進んでるから、役立ち情報というかほとんど自分のための備忘録として書いときますー

ちなみに読んでるのはウィルソン・ホワイトヘッドの"The Underground Railroad"です。黒人奴隷時代を舞台にしたフィクションノベルです。リンク貼っときます。書評的なやつは読み終わったら書きます。

The Underground Railroad

The Underground Railroad

LitChart便利すぎ

www.litcharts.com

 英語慣れしてない素人が原文で小説読むときにめっちゃ役立つのがこのサイトです。各章ごとのあらすじや、主人公をはじめとする登場人物の紹介が載っています。人物の立ち位置をしっかり把握できていないともう全く状況をつかめなくなってしまいますので、わからなくなったらすぐここに戻ってます。僕の読んでるやつに関しては今のところwikipediaよりも充実しています。

 ちなみに有料会員登録しないと中途半端にしか情報が入手できませんが、僕はしてません。なんか悔しいから。

goodreadsも便利

 もう一つ便利なのが、世界最大級の読書SNS"goodreads"です。

www.goodreads.com

 このサイトの魅力はやはり世界中の読書好きたちと、意見交換ができることでしょう。グループ機能や好きな作品の引用を共有する機能、また作者に直接質問できる機能などが用意されています。

 あのシーンは泣けたね!とかこの設定は少々行きすぎてる気がするな、とかいろんなことが語られています。バーチャル読書会みたいな感じの雰囲気ですね。僕はまだしてませんけど、もうちょい読んだら”英語非ネイティブやしこの辺意味分からんかった!誰か教えて!”的なこと書き込もうかと思います。レベル低い質問ですが、それはしゃーないでしょう。敷居下げていきましょう。  

僕のアカウントのリンクも貼っておきますので、是非情報交換などしましょう!

Riku Kojima - Japan (22 books)

 

原文で読むなら翻訳されるまでに読もう!!

 英語の小説を原文で読んでみようという試み自体は、英語を学習する人なら結構思いつくことなのではないかと思います。が、それを実際にやり遂げることは想像以上に難しく、途中で投げ出してしまう人がほとんどではないでしょうか。僕も実際にやってみて「無理じゃい!!」と思いました。

 このチャレンジをやり遂げることができないとすればその最大の理由は、”わざわざ英語で読まなくてもプロの翻訳家による日本語版が出版されるから”。これに尽きると思います。はっきり言って原文で読むというのはかなり骨の折れる作業ですし、冒頭にも述べた通りスラングや作者固有の表現が多いため通常のビジネス英語では太刀打ちできないことが多々あります。

 それでも、原文で読み切りたい。この最高に魅力的な物語を、翻訳という加工を経ることなく生で食べたい!という欲求を叶えるには、もう翻訳版が出るまでに読み切る以外の選択肢は無いんでは無いでしょうか。「あーやめたやめた。普通に日本語で読もう」ができない今のうちに、読み切らないと絶対日本語版で読みます。もしくは売りに出すか、どっちかでしょう。

 ちなみにThe Underground Railroadの日本語版は今年の冬に出るみたいです。間に合わせるぞー。

札幌の保護猫カフェ「ツキネコカフェ」に行ってきた

猫カフェに行ってきました

 どうもこんにちは、札幌市で曖昧に生きている若者、leeです。今日は西区にある猫カフェに男一人で行ってきました。

 

保護猫と戯れることができる「ツキネコカフェ

 今回行ってきたのは「ツキネコカフェ」という、保護猫と遊ぶことができる猫カフェです。病気や捨てられたなどの理由で飼い主がいなくなってしまった飼い猫たちを保護しているNPO団体「ツキネコ北海道」が運営しています。

 

NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道

 

場所はここ!!最寄駅は地下鉄東西線西28丁目駅です。

 

f:id:lee_fetia:20170718165811j:plain

外観はこんな感じです。

 

いざ、入店

 

f:id:lee_fetia:20170718172038j:plain

入って左手のなんだかおしゃれなゾーンにはグッズが売られています。

f:id:lee_fetia:20170718172151j:plain

探し猫のポスター。無事に見つかりますように...

f:id:lee_fetia:20170718172235j:plain

店内に入るときは専用のスリッパに履き替えます。

裸足でも入店不可のようなので、できるだけ靴下持参で行きましょう。

f:id:lee_fetia:20170718172448j:plain

店内に入りました。

店のシステムとして、カフェスペースで飲み物を飲んでから猫ちゃんと遊ぶスペースに案内されるみたいです。

てな訳でまずは飲み物を頼みます。カフェモカにしました。

f:id:lee_fetia:20170718173158j:plain

可愛いい〜〜!!こーゆーのって、飲むのがもったいなくなっちゃいますよね、

 

フワッフワのクリームはやや甘めで、その下のコーヒーもマイルドな味わいでした。

f:id:lee_fetia:20170718173428j:plain

コーヒーを飲んでいる最中でも、店内を猫がうろうろしています。甘口のコーヒーをすすりながら猫を眺めているだけでもう癒されます。ここは桃源郷でしょうか。

 

いよいよ猫ルームへ

コーヒーを飲み終わり、いよいよ猫部屋に案内されます。

f:id:lee_fetia:20170718173641j:plain

 

猫部屋は一階に一部屋、二階に二部屋あり、まずは二階の部屋に行きました。

f:id:lee_fetia:20170718204549j:plain

f:id:lee_fetia:20170718204710j:plain

写真をあまり撮っていないことが悔やまれるのですが、この部屋にいるのは比較的健康に問題の少ない中型の猫のようです。上の写真のこの子は人間馴れしているのか、すぐにスリスリ寄ってきてくれます。か、可愛い〜〜〜。

 

f:id:lee_fetia:20170718204737j:plain

 

扇風機で涼しむ猫さんたち。そうなんです、エアコンとかないので結構暑いんです。

 

f:id:lee_fetia:20170718205617j:plain

こちらは二階にあるもう一つのお部屋。猫エイズの猫たちの部屋です。人間にうつる病気ではありませんが、ドアの閉め忘れにだけはご注意!

 

f:id:lee_fetia:20170718205839j:plain

この部屋の猫たちはグデーンとしていました。疲れているのかな。

 

お次は一階のお部屋に。

f:id:lee_fetia:20170718172448j:plain

さっきコーヒーを飲んでいた部屋の奥の方に見えるピンク色のドア、あの向こうが猫部屋になっています。

 

中に入ってみると....

 

 

 

f:id:lee_fetia:20170718211901j:plain

うおお!

f:id:lee_fetia:20170718211914j:plain

うおおおおお!!可愛い!!そう、一階は子猫たちの遊び場にもなっていて、手のひらサイズの猫たちと戯れることができるのです。

f:id:lee_fetia:20170718211928j:plain

食事中のお二人。

f:id:lee_fetia:20170718211945j:plain

ちょっと見えづらいですが猫じゃらしを狙っています。

 

f:id:lee_fetia:20170718212041j:plain

キャワいいいいいいいいいいいいい!!!!!!

 

f:id:lee_fetia:20170718212059j:plain

一階のこの部屋にはフワッフワの手乗り子猫ちゃんたちがたくさん住んでいました。ちょうど餌の時間が終わる頃にお邪魔したからか、子猫たちはちょっとおねむだったようです。その代わりに大人の猫たちはとても元気でした。

 

店内には猫じゃらしも用意されており、元気な猫たちと戯れることができます。

 

ちなみに利用価格は

コーヒー代(カフェモカ)が600円 + 猫部屋利用代が2時間500円

で1100円でした。

 

飼い主募集中

ツキネコカフェで飼育されている猫たちは保護猫であるため、新しい飼い主を常時募集しているとのことです。カフェで戯れて夢中になってしまった方は是非、店員さんに相談してみてください。

 

今回はこんな感じで締めます。ではでは。

 

 

 

世界の文化を知るためのwebサイト

せっかくだし世界と繋がりたい

みなさんごきげんよう、leeです。最近の札幌は暑いですね。暑さを嫌って本州から逃げてきたはずなのに、最近では湿度さえも感じられます。うーんヤダヤダ。猫カフェで癒されたいです。

さて、今日はインターネットで異国情緒を感んじられるサイトをいくつか紹介します。いつでも、誰でも、ネットで世界と繋がれる時代ですから、せっかくだし見ておきたい。そんな感じです。備忘録も兼ねて、ではでは。

sparknotes

 主に文学についてのサイト。最近の話題書の紹介から、"No Fear Shakespeare"というシェイクスピアの物語を現代英語に訳してくれているシリーズなんかもあります。日本でも古事記ライトノベル風に加工したサイトとかありますが、それの英語版って感じです。英語の古典小説となると、平気でSVO構造を無視していたり、死語が大量に出てきたりしますので読もうとするとヒジョーにキビシー!のですが、こちらはナウい感じに訳してくれているのでヤングでも読みやすくなっているのではないでしょうか。チョベリグです。

SparkNotes: Today's Most Popular Study Guides

ついでにラノベ古事記も載せときます。

【日本神話】古事記を現代語訳っていうかラノベ風にしてみた

culturetrip

 まるで世界中を旅しているかのような気分に浸りたいならば、culturetripがオススメです。世界中の魅力的な音楽、アート、食べ物、観光などをジャンルごとに紹介してくれます。世界は住んでみたい、行ってみたい場所で溢れてますねー。うーーん。どっか行きたい。

Local Inspiration From Around The World | Culture Trip

NOWNESS

世界中の映像作家たちの作品を見ることができるインターネット映画館。映画のジャンルも多種多様。ドキュメンタリー、コメディ、恋愛などなどたくさんあります。個人的オススメは"Diablo Rojo"のドキュメンタリーです。メキシコの伝統的なバスの話です。ちょーかっこいい!

www.nowness.com

とりあえず備忘録としてこんな感じ。また面白そうなの見つけたら追加しますー

kindle限定アジア・アングラ情報誌「シックスサマナ」がヤバイ

 やばい本を見つけてしまった。誰も見てなくても書かずにはいられない、そんな気がした。

 こんにちは、lee_fetiaです。

 最近めっきり見かけなくなりましたが、僕が小学校の頃には下校途中の学童保育の前に時偶、望遠鏡にもなる万華鏡を売るおじさんだとか、ピンク色と緑色に染め上げられたヒヨコを売るおじさんとか、まるでホタルイカのごとく発光するけん玉を売るおじさんだとかが出没しました。 「お金をあそこの電柱に吊り下げてある空き缶に住所を書いた紙と一緒に入れてくれたら、明日君の家にグッズを届けてあげるよ。」という、ホリエモンもびっくりのイノベーション精神溢れるC2C的マーケティングに僕は驚き、既存の常識に囚われない、まるで異世界から来たかのような存在に目を輝かせては、彼らが扱う怪しげなグッズを買うことを止める親を憎んだものです。そういった曖昧な、しかしどこか妖しげな魅力を持った存在は時代と共にその数を減らしていきました。しかし、現代でもそういった系譜は受け継がれていたのです。

 そう、kindle限定電子書籍という形で!!

電子書籍「シックスサマナ」とは

「人生再インストールマガジン」

 そう銘打たれるこの雑誌は、インドシナ在住20年オーバーの編集長クーロン黒沢によって刊行される、僕の知る限り最も濃いアジア情報誌だ。

 その対象は一発逆転を目論むはぐれサラリーマンから、日本に希望を失いかけたアラサー女子まで、読者を選ばないゲスい内容で定評を得ている。

 その内容故にメルマガサーバからもアップルの書籍アプリ審査からもリジェクトされたのだとか。

 説明ばかりでは始まらない。まずは第一号を紹介しよう。

シックスサマナ 第1号 海外移住促進月間

シックスサマナ 第1号 海外移住促進月間

もうまっぴらだ! 我慢の限界だ!

息が詰まる、ストレスたまる。

チェーンソーを振り回し、新橋駅で暴れまくるスーツの通り魔が

明日現れてもおかしくない、閉塞しきった日本社会。

早く楽になればいいのに……。

残された長いようで短い人生、自分らしく、幸せに生きる権利は誰にでもある。方法もある。

しなければならないのは決断だけ。

でも。そんな……?

煮え切らないあなたの背中をそっとやさしく押す、とっておきの一冊。

人間だって所詮は畜生。そんなにがんばらなくったっていいのです。

説明文からして最高だ。こんなに元気になれる一言は、なかなか無いのではないのだろうか。

さあ、声に出して読んでみましょう。「人間だって所詮は畜生」!

第一号からしてラーメン二郎もびっくりのこってり感、そして胸糞悪くなる悪徳がたっぷり!!(笑)

好きな人と嫌いな人とはっきり別れることでしょう。

この雑誌の魅力は、アジア・アングラ情報を現地の眼を通して見られるということはもちろん、著者自身も相当”ソッチ側”の人であるため表現にいちいちパンチが効いてることだ。新聞のコラムじゃなくkindle個人出版だからこそ可能な、「読みたいやつだけ、読めばいい。」そんなロックな魂がそこかしこににじみ出ている。

クズとしか言いようのない登場人物、炎上を恐れぬ描写。それらはいい子ちゃんが我が物顔で大通りを闊歩する現代社会において、まるで爬虫類の鱗のように邪淫な輝きを放っているように感じられる。

素晴らしい。どれをとっても、最上級のB級品だ。机いっぱいに涎を撒き散らしながら読もう。

せっかくなので特にオススメの巻を二つほど紹介します。

第12回 病める日本の処世術

シックスサマナ 第12号 病める日本の処世術

シックスサマナ 第12号 病める日本の処世術


これが一番痛かった。

この回のメインコンテンツは日本、埼玉県のコミュニティセンターで行われるセックス依存や薬物中毒、摂食障害アダルトチルドレンといった症状に関する自助会についてだ。盗撮で逮捕されたエリートサラリーマン、痴漢に目覚めた大学生、シャブにハマったサラリーマンなどの面々が登場する。

そのほかにも、会の最中に洗面器半分程度に達する涎を机いっぱいに垂らし始めるシャブ中のおっさんとか、AC自助会の主催者にもかかわらず不安定で、開口一番「俺の実家は裕福でね。子供の頃は御曹司なんて呼ばれてたよ。」と宣言する男などが登場する。

この回に出てくる人たちは日本在住の日本人ということもあって、そこに至る経緯に自分の日常と隣接したリアリティが感じられ読んでいてひやりとする。「こうはなりたくないな」という思いが一番沸いてきた回だった。

しかしそれでも、面白いものは面白い。

第22号 そうだ、刑務所へ行こう 人生丸ごと断捨離せよ!

シックスサマナ 第22号 そうだ、刑務所へ行こう 人生丸ごと断捨離せよ!

シックスサマナ 第22号 そうだ、刑務所へ行こう 人生丸ごと断捨離せよ!

コレもぜひ、声に出して読みたいタイトルだ。

「人生丸ごと断捨離」っていう発想、なかなか出てくるもんじゃない。

この回では窮屈な日本を飛び出し、アジアに渡ったは良いが旅の恥ならまだしも人生までかき捨て、セカシューならぬセカ囚となってしまった日本人たちを特集する。

相変わらずの度を越したアングラ感はいいんだけれど、この雑誌を読む楽しみの一つに、間違いなく「底辺を見下す喜び」みたいなものはあって、その背徳感もまたこの雑誌の味とも言えるのだけれど、読めば読むほど自分の性格が悪くなっていく気がする。

読むだけで犯罪係数が上がる雑誌って感じ。

しかし住み分けの行き届いた現代社会の都市生活を送っていると、時折どうしようもない窮屈さを感じる。そんな時に読むと、まあ人生なんて何とかなるぜみたいな気分になれる。

人間なんて所詮畜生だ。

おまけ

シックスサマナではないんだけれど、編集長のクーロン黒沢さんのかいた別記事にこんなものもある。

nihonzine.com

……なんていうか、濃すぎて、一日に読む量に限度がある。読んでいて、しんどくなる。

しかし読むだけで背徳感を味わえる。コレって実は凄いことだ。そして安穏とした日常の中では見つけることのできない問に目を向けることができる。コレがルポタージュ、ノンフィクションの醍醐味(のあくまで一種)ってやつだと僕は思っている。

すげえ、コレだから、この世は面白いんだ。

あと、第1回で作者が「アジア脳」という概念を提言していた。意味は以下のような感じ。

後進国に長くいると、自分が特別な存在であるかのような錯覚に囚われてしまう。これを私は「アジア脳」と呼んでいる。選民意識で性格がねじまがり、何かというと住まわせてもらっている国をなじり、現地人をバカにする。

この一文は読んでハッとした。この本を読んでいるだけでもあるいは陥りやすいかもしれない。気をつけたい。

※ていうか全然関係ない個人的経験なんだけど、大学での留年は若干これに近い感覚がある。長いこと大学にいるとまるで自分は「周囲よりわかってるやつ」であるかのような気がしてしまうのだ。嫌われるので気をつけよう。

ユーラシア大陸に北東から突入してやりたい

 バックパッカーとか一人旅をしていると毎度毎度思うのがなんで自由っぽい人って欧米人の方が圧倒的に多いんだろうとかバックパッカー意外と日本人少ねえんだなとかいったとこでゲストハウスに帰ってねえなんで旅人って白人の方が多いんですかねってビール飲みながら隣の40代くらいの何して生きてるかよくわからない風体のくせにやたら髪フサフサのおっちゃんに聞いたらそりゃ奴らのが金も時間も余裕あるからだろって話になってあ、そうかって普通に納得して思考停止してビールに意識を戻した。

 でもそれからしばらくすると今度はじゃあなんで欧米人の方が金も時間もあるんですかねっていう話になってそりゃお前英語は世界一話者数の多い言語だし歴史的にも世界大戦で勝利してたり原油が取れたりとにかく金の元になるもんが向こうのほうが多いんだよっておっちゃんが言うとその向かいに座った俺と同い年くらいのいかにも外のバザールで買ったようなタイパンツを履いた若者が本当にそれだけですかねぇ、と会話に加わった。

 確かに資源とか文明とか街を作るのに最適な平地とかそういったものは向こうのほうがアドバンテージあるわけですけど、国とか人の強さってそれだけじゃないっすよねぇ社会構造とか政治とかなんて人間のアイデア次第だしそもそも人類がアフリカに誕生してから同じ年月が流れてるわけじゃないっすかぁその間に欧米諸国の人々が思いついたようなことを、なんでこっちの人は思いつかなかったんすかねぇ資源とか言い訳っすよ絶対、と彼はヘラヘラ語った。

 いやあ、別に責めてるわけじゃあないっすよ、ってか責めるっつっても誰をってハナシすけどねぇ良いとか悪いとかじゃないですし俺が明らかにしたいのは、と言うより明らかになって欲しいのは文脈っすよ。あるいは前後関係。物事と物事の繋がり。この世のどこかに人々が集まった。どちらの土地にもある程度の肥沃な土壌と、頑張れば栽培可能な食べられる植物が生えていた。でも一方の集団は農耕を始めたけど、もう片方はしなかった。相変わらず野山に混じりて無計画に竹を取りつつ万のことに使ってりゃあ良いんじゃねえのって考えたわけっすよねぇ。竹、いつかなくなっちゃうのに。いやこの竹ってのは喩えっすけどねもちろん。いづれにしても、その行動の繋がりに何があるのかってのが大事なきがするんすよ直感すけどねぇどうすか俺結構鋭くないすかぁ〜。

 それを聞いてへえなるほど最近の若い子は色々考えているんだねぇ見直したよ的な態度でおっちゃんはお茶を濁しビールを置いてトイレに向かった。彼の語った内容には僕も共感できる部分は多かったけれど、いささか規模が大きすぎてあまり実感が湧かなかった。スケールの大きい話は実際の行動に結びつきにくくてあまり好きではない。そう彼に指摘すると、いやぁでも気になるってかさぁ歴史とか習うけど肝心なとこ全然ワカンねぇじゃんほんとさぁと言い始めたので僕はジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」という本を紹介した。先ほどの彼の疑問はだいたいこの本が一つの解を打ち立ててくれているからだ。グーグルで調べてなんか難しそうな本っすねぇ〜俺勉強苦手なんすよぉ〜と彼はいったけど彼なら問題なく理解できると思ったのでほうっておいた。

 というかそもそも僕が話してたのはそんな話じゃなくてバックパッカー欧米人ばっかだよねって話だったんだよねと僕がいうとぁあメンゴメンゴ話の腰折っちゃった感じっすかいやほんとそれっすよね日本人やっぱ排他的っつーか、あんまり世界とか出ない感じなんじゃないすかねええーと彼は言った。陸が繋がってないからだよねという僕の意見に対して彼はしかしそんなん関係ねーよと言ったのでいや海っていう隔たりは大きいよだってヨーロッパの連中普通に不法侵入で国跨いだりすんじゃん少なくともそーゆー時代はあってその人たちが今に続く文化を作ってるわけだしと言うと、え、でも日本からも実は陸路でいけるっすよ?と彼はとぼけた顔で言った。

えぇー?

うっそだ〜〜〜?

 いや嘘じゃないっすよマジで、俺調べましたもん確か夏の間だけっすけど稚内からサハリンに船出てんすよねぇなんとか号って奴がぁまあなんもなさそうなんで行くのやめましたけどぉそれ使った行けんじゃないすかぁぁぁああ、ビール無くなったしもう一本買ってコヨーお兄さんも要りますぅ?キングフィッシャーでいいすかいいすよねーじゃあ買ってきますねーお金はあとでヨロですースタスタスタ…

調べたら本当にあった。そして僕は思った。バイク買おう。

ユーラシア大陸に北東から突入してやりたい。